本文へスキップ

20~30代が知っておくべき対策。

20~30代が知っておくべき糖尿病対策とは

20~30代が知っておくべき糖尿病対策とは

糖尿病は生活習慣病の1種であり、年をとるほどそのリスクが高まります。しかし、最近では20代~30代の若い世代の人でも糖尿病になってしまうことがあるようです。糖尿病と疑われるような症状が出たら、早めに病院へ行って診断を受けましょう。

糖尿病になりやすい生活習慣として、運動不足、睡眠不足、食生活の乱れなどがあげられます。また、ストレスも生活習慣病につながりますので、ストレスが溜まりやすい人は要注意です。若い人は仕事で自由に使える時間が少なく、知らず知らずのうちに糖尿病になりやすい生活を送ってしまっていることがあります。

甘いお菓子やジュースを飲むと糖尿病になりやすいと言われていますが、あまいものを食べなければ良いというわけでもありません。カップ麺は甘いというイメージはありませんが、血糖値をあげる食べ物の1つです。

若い人は「若さでなんでも乗り切れる」と考えてしまいがちになりますが、そういった油断がかえって病気につながりやすいです。「若いからこそ健康に気を使うことで豊かな人生を送れる」と前向きに考えるようにしましょう。

20~30代の人はまだ若く、体が元気なので、運動をして体を鍛えることが容易です。糖尿病対策として、適度な運動をして体を鍛えるということが一番にあげられます。少しハードな運動をして、さらに高いレベルを目指してみるのも良いかもしれません。運動をしたらしっかりと栄養を摂ることも重要です。そのほか、ストレスを溜めないこと、栄養バランスのとれた食事を摂ること、睡眠をしっかりととることなども対策としてあげられます。

走っている男性