本文へスキップ

糖尿病対策とストレスの関係。

糖尿病対策とストレスの関係

糖尿病対策とストレスの関係

糖尿病になると膵臓、肝臓から分泌されるホルモン代謝に問題が生じてしまい、血糖値が安定しなくなります。血糖値が安定しなくなり、インスリンが正常に機能しなくなると、倦怠感や極端な喉の渇き、多尿といった様々な不快症状に悩まされます。
糖尿病にかからない為には、極端にインスリンを分泌する様な状況、原因をつくらない、アルコールは控えめにする、糖分を過剰に身体に取り入れない様に注意するといった対策が挙げられます。

ストレスも糖尿病の原因を誘発させる場合は多いですから、ストレスを溜め込まない為に発散させていく必要があります。ストレスが溜まりすぎると過食やアルコールの飲み過ぎに走ってしまう可能性が出てきますから、対策としては、ストレスをうまく発散させていく事です。
仮に既に糖尿病を患わせている方は、ドクターの指示の下で、悪化させずに治療を狙っていく必要性があります。対策としては、糖分を極力避ける、膵臓、肝臓にダメージを与える原因をつくらない、ストレスを溜めずに、食事以外で発散させる手段を幾つも持つといった例を挙げられます。

ストレスは糖尿病のみならずに精神や肝臓、膵臓にもダメージを与えますから、我慢はなるべく避けるべきです。仮に喉の渇き(不快症状)に悩まされているならば、水分補給する物は糖質を一切含まないミネラルウォーターか、ノンカフェインのお茶が良いのです。糖尿病であるとインスリンの分泌に問題がありますから、治癒するまでは糖質は避けるべきです。

若葉