本文へスキップ

糖尿病に繋がる食事。

糖尿病に繋がる食事とは?

糖尿病に繋がる食事とは?

暴食や血糖値の上昇を抑えるインスリンの分泌量が減るなどすると、血糖値が急激に上がり、元に戻るスピードも遅くなります。この状態を異常と捉え、これが続くことにより糖尿病になります。

では、糖尿病に繋がる食事をもう少し具体的に見ていきましょう。

まずは、前述の通り暴飲暴食です。食べ過ぎてカロリーオーバーになると血糖値が急激に上がってしまい、またインスリンの量や少なくなったり、インスリンの効果自体が低下したりし、正常値に戻りにくくなってしまいます。また、暴飲暴食によって肥満体になった場合も、インスリンの働きが低下するので、ますます糖尿病に近づいてしまいます。
そして、アルコールの取りすぎも危険です。最近は糖質オフのアルコール飲料が販売され始めてきましたが、それでもまだまだアルコール飲料は糖質が多いことが当たり前なので、飲み過ぎには気を付けるようにしましょう。

過度のストレスも原因です。そもそも暴飲暴食に走ってしまう理由の多くがストレスなので、根本的な改善のためには、まずストレスを発散させることから始めていく必要があります。それに関連して、適度な運動を心掛けるようにすると、ストレスの発散と同時に肥満の予防にも繋がるので効果的です。ただし、無理な運動をしすぎて食べ過ぎることには気を付けましょう。

糖尿病になりやすい食事