本文へスキップ

糖尿病対策に有効な運動

糖尿病対策に運動は有効?

運動による血糖コントロールの改善が糖尿病の有効な治療法となっていることからもわかるように、糖尿病対策に運動は非常に有効であると考えられています。
日本の糖尿病患者の大半が占める2型糖尿病では、飲食のし過ぎや喫煙、肥満などと並んで運動不足が発症の原因として挙げられており、適度に身体を動かすことは糖尿病を発症する可能性を低下させることにつながります。
糖尿病対策のための運動は決して強いものである必要はなく、自分自身の体力を考慮し、ずっと継続させられるような内容であることが重要です。これは、自分自身の体力の限界を超える内容にすると、かえって身体に負担がかかり、糖尿病以外の病気を引き起こす原因となってしまうためです。
しかし、逆にあまりに軽い内容にすると、血糖コントロールの効果が出ず、予防につながらなくなります。身体に不安がある人は、まずは軽い内容で身体を動かし始めて、自信がでてきたら少しずつ強めの内容にしていくと良いでしょう。

糖尿病対策のために運動をする際にはこの他にも、ウォームアップとクールダウンは必ず行うことや、その日の体調にあわせてメニューを調整することなど、重要なことはたくさんあります。夏場に外で身体を動かすのであれば、熱中症にも気をつけなければなりません。もし、途中で体調がおかしくなったら、無理せずにそれ以上身体を動かすのをやめて、その後も体調が戻る気配が無いのであれば病院に行って医師に相談しましょう。

糖尿病対策になる運動